吉沢亮の出演映画2019!「キングダム」公開日&感想や見どころを紹介!

毎年映画に引っ張りだこの若手人気俳優といえば、端正なルックスが印象的な吉沢亮さんですよね!
吉沢亮さんが出演する2019年公開の映画といえば、ヤングジャンプの人気コミックを実写化した「キングダム」です。

漫画の実写化は当たり外れが大きいのが特徴ですが、キングダムは大当たり!
非常に人気が高いだけでなく、高いストーリー性とキャスト陣の演技力が話題になっています。

2019年公開の映画「キングダム」では、吉沢亮さんが演技力の高さを活かした活躍をしていると評判です。
彼の役どころや見どころをチェックすると同時に、公開日やあらすじなどについてもみていきましょう。

「キングダム」はいつから公開?

2019年の吉沢亮さん出演映画である「キングダム」は、いつから公開しているのでしょうか?
映画「キングダム」は2019年4月19日より、全国の映画館で公開されました。

2019年6月現在も大ヒット上映中で、かなりの興行収入を獲得していることが予測されます。
なんと10回以上も繰り返し映画を見たという熱心なファンもいることから、興奮が冷めない限りヒットは続きそうです。

主演の山﨑賢人さんや吉沢亮さんにとって、今後映画「キングダム」が代表作になることは間違いないですね!

「キングダム」のあらすじ

2019年6月現在も大ヒット上映中であることがわかったところで

映画「キングダム」ってどんなお話?という人のために、あらすじを見ていきましょう!

映画「キングダム」の舞台は紀元前245年の春秋戦国時代、中華の西方にある国。
少年・信と漂は大将軍になる夢を見ながら日々の鍛錬を欠かさない、戦災孤児でした。

しかし王都の大臣・昌文君に呼ばれ漂が王宮へと旅立ってから、2人の未来はバラバラになったのです。
漂が王宮へと渡った頃、王の弟・成キョウがクーデターを起こして漂は重傷を負います。

命からがらなんとか信のもとへとたどり着いた漂ですが、血まみれの地図を渡して行く先を示すと力尽きてしまうのでした。
漂の言うままに地図を握りしめて走っていた先には、なんと漂と瓜二つの顔がいました。

漂とそっくりだったのは王座を追われた若き日の始皇帝・エイ政だったのです。
実は漂はエイ政と瓜二つだったがために、影武者となってエイ政の代わりに命を落としたのでした。

信は天下の大将軍を目指し、エイ政は中華統一を目指すためにお互い闘いの中に飛び込んで行く…というストーリーです。
壮大なストーリーで、見る人全てを圧巻する魅力がありますよね!

「キングダム」の役どころや見どころ

2019年4月19日から公開している映画「キングダム」で最も注目したいのが、出演している吉沢亮さんが一人二役を演じていることです。
吉沢亮さんの役どころは山﨑賢人さん演じる主人公・信と同じ戦災孤児の幼馴染、漂です。

漂は残念ながら物語のはじめの方で命を落としてしまうのですが、漂と瓜二つの若き日の始皇帝・エイ政役も吉沢亮さんが演じています。
タイプの全く違う役どころで、顔つきも話し方も全く違うので違う人が演じているかのようです。

吉沢亮さんの演技力の高さが浮き彫りになったと、映画公開前から非常に注目されていました。
吉沢亮さんは数々の映画に出演していますが、彼の真骨頂と言っても過言ではないのではないでしょうか。

「キングダム」の上映はいつまで?

吉沢亮さんが一人二役で出演している2019年公開の映画「キングダム」ですが、いつまで上映する予定なのでしょうか?
一般的に上映期間は最短で2週間ほど、大ヒット作で興行収入が見込める場合には2〜3ヶ月上映することもあります。

映画「キングダム」はかなりの人気作で、2019年4月19日の公開から3ヶ月ほど上映する可能性が高いです。
そのため2019年の7月くらいまでは上映すると考えられます。

「キングダム」の感想!

映画「キングダム」を観た方の感想を紹介します!

https://twitter.com/natsumi723_819/status/1142447832441315329

他にもたくさんの感想がありましたが、吉沢亮さんへの絶賛がすごいです!

まとめ

吉沢亮さんが出演している2019年公開の映画「キングダム」について役どころや見どころをチェックすると同時に、公開日やあらすじなどもご紹介してきました。
映画「キングダム」は2019年4月19日から公開されており、大ヒット上映中です。

劇中では吉沢亮さんが一人二役を演じるということで、見どころがたっぷりある作品となっています。
大ヒット映画のため長い期間上映される可能性が高いので、2019年7月くらいまで上映されるのではないでしょうか。

ぜひ吉沢亮さんの演技力を、映画「キングダム」で確認してみてくださいね!