わたし定時で帰ります(ドラマ)いつから放送?あらすじは&キャストや原作について!

TBS系列で2019年4月からドラマ「わたし定時で帰ります」が、火曜夜10時スタートします。
イマドキらしい若者の働くスタイルを題材にした、見ていてスカッとするお仕事ドラマです。
残業だらけで毎日なんのために働いているのかわからない!と嘆く現代社会をスパッと一刀両断してくれますよ!
ドラマを思いっきり楽しむためには、スタートする前にあらすじやキャスト、原作などについて把握しておきたいですよね。
そこで今回はドラマ「わたし定時で帰ります」についてあらすじやキャスト、原作を詳しくご紹介していきます。

わたし定時で帰ります(ドラマ)放送日時について

ドラマ「わたし定時で帰ります」の放送がスタートするのは

2019年4月16日、TBS系列で火曜夜10時となります。

わたし定時で帰ります(ドラマ)あらすじ

ドラマ「わたし定時で帰ります」について予備知識を入れておくために、あらすじを確認しておきましょう。

最近でこそ「働き方改革」などで会社に長く居ることが美徳という考えは覆されてきつつありますが、それはまだまだ一部の会社の話。
中にはサービス残業で連日の深夜帰宅、心身ともに疲弊している人も多いのが現状ですよね。

ドラマ「わたし定時で帰ります」の主人公は過去のトラウマから絶対に定時で帰る!ということをモットーにしている東山結衣。
仕事に命を賭けるのは間違っているとの考えを胸に刻み、プライベートも楽しんでいます。
定時が来たら速攻で帰るポリシーを貫いてきた結衣でしたが、新しい上司が赴任したことで状況は一変するのです。
くせ者だらけの会社で、現代社会が抱える闇や課題について結衣が真っ向から挑んでいきます。

毎週火曜の夜は、結衣と一緒に戦っている気分になれそうですね!

わたし定時で帰ります(ドラマ)キャスト

あらすじを見ると社会派ドラマな予感がする「わたし定時で帰ります」ですが、キャスト陣についてみていきましょう。

毎週見るのが楽しみになるような、豪華キャストが発表されています。

まずは主人公でWEB制作会社の株式会社ネットヒーローズ・制作4部に勤める32歳女子の東山結衣役には、吉高由里子さん。
あらすじから感じる結衣のイメージにぴったりだと思った人は、多いのではないでしょうか。

次に結衣の元婚約者で、ワーカホリックなくせ者の種田晃太郎役には向井理さん。
向井さんは淡々とした役がピッタリなので、さらにデキル男ということで余計に見るのが楽しみになります。

続いて双子出産のため現在産休中で、早々に復帰が決まっているワーキングマザーの賤ヶ岳八重役に内田有紀さん。

結衣の同僚で同い年の真面目女子で、ゆるい雰囲気の新人が許せない三谷佳菜子役にシシド・カフカさん。

とにかく仕事が出来なくていつまでも会社に居続け、さらには家に帰らなくなってしまった吾妻徹役には柄本時生さん。

結衣が教育している新人で、やる気はないが仕事の筋は良い唯一の味方である来栖泰斗役に泉澤祐希さん。

最後に新しく部長に赴任した、周りを振り回す超迷惑なブラック上司の福永清次役にユースケ・サンタマリアさん。
笑顔の奥の闇深い一面を、ユースケさんが上手く演じてくれそうですよね!

個性豊かなキャスト陣が非常に魅力的なドラマ「わたし定時で帰ります」が、今から楽しみです。

わたし定時で帰ります(ドラマ)原作

あらすじもキャストも分かってよりワクワクしていて、ドラマが待ちきれない!という人は原作を見てみてはいかがでしょうか。

原作は新潮社から出版されている、小説の「わたし定時で帰ります」となります。

原作者は朱野帰子さんで、小説から浮き出てくるような人物像やダイナミックな展開に評価が高い作家さんです。

「わたし定時で帰ります」は2018年3月に出版された小説なので、ドラマ化まで短かったんですね。

おわりに

ドラマ「わたし定時で帰ります」についてあらすじやキャスト、原作を詳しくご紹介してきました。
あらすじは過去のトラウマで絶対に定時で帰ると決めた主人公の結衣が、ブラック上司やワーカホリックな元婚約者などくせ者揃いの同僚に振り回されながら現代社会の闇を斬る…といったお話です。
キャストは吉高由里子さんを中心として向井理さんやユースケ・サンタマリアさん、内田有紀さんなど個性豊かなのが魅力的。
原作は新潮社出版の朱野帰子さんによる同名小説です。
ドラマ「わたし定時で帰ります」は2019年4月から、TBS系列火曜夜10時スタートです!
スタートまで原作を読みながら、楽しみに過ごしましょう!