集団左遷!!(ドラマ)福山雅治主演!あらすじやキャストロケ地主題歌をチェック!

2019年4月期のTBS日曜劇場は、福山雅治さん主演の「集団左遷‼」です。

福山雅治さんは、日曜劇場は初主演、銀行員を演じるのも初となります。

また、TBSのドラマは、1998年の「めぐり逢い」以来、実に21年ぶりの出演となり、期待が高まりますね!

今回は、ドラマ「集団左遷‼」のあらすじやキャスト、ロケ地や主題歌についてチェックしてみました!

集団左遷!!(ドラマ)あらすじ

『銀行員の片岡洋は、50歳を目前にして支店長への昇任人事を受けます。

ですが、その喜びもつかの間、赴任先は廃店が決定している「蒲田支店」だったのです。

上層部からは、「廃店が決まっているので頑張らなくて大丈夫です。無事廃店の際には本部に戻し優遇いたします。」という特例を受けますが、人生で初めて「頑張るな」と言われ、片岡は困惑してしまいます…。

しかし、廃店になることなど知らない支店員たちの頑張りを目の当たりにし、「このままでいいのか」と自分の立ち位置に葛藤し思い悩んでいくのです。』

窮地に立たされた銀行員たちが、巨大組織の理不尽に立ち向かう“最大の下剋上”の物語、諦めないみんなへの応援歌です。

どこにでもいるような50歳手前の「普通」のサラリーマン片岡が、ドラマの中でどんな風に成長していくのか、平成最後の日曜劇場となる「集団左遷‼」に注目ですね!

ちなみに、「集団左遷‼」は、江波戸哲夫さんの「新装版 銀行支店長」「集団左遷」が原作です。

政治や経済をテーマにした作品を得意とする作家さんですし、池井戸潤さん原作の「半沢直樹」以来の銀行が舞台となったドラマに期待が高まりますね!

また、1994年には、柴田恭兵さん主演で不動産を舞台に映画化もされています。

平成初期と平成の終わりに、映画化・ドラマ化されていて、今回はどのような物語になるのかも興味津々です。

集団左遷!!(ドラマ)キャスト

気になるキャストの方々を見ていきましょう。

・片岡 洋(かたおか ひろし):福山雅治さん

理不尽なことだと分かっていても、飲み込んで、我慢して、「会社で生き残るためだ」と考える“theサラリーマン”。

部下や仲間の頑張りにほだされてしまう情に熱い男。

1969年生まれの福山雅治さんは、ドラマ放送時にはちょうど50歳になっていて、等身大の役柄を演じることになります。

“どこにでもいる普通のサラリーマン”という設定ですが、こんなイケメンサラリーマンは、どこにでもいませんよね!?(笑)

・真山 徹(まやま とおる):香川照之さん

片岡の異動先である蒲田支店の副支店長。

常に笑顔で、全てを見透かしているような、掴みどころのない人物。

香川照之さんは、「半沢直樹」や「小さな巨人」などの社会派ドラマはもちろん、NHKの「昆虫すごいぜ!」のカマキリ先生としても大人気です!

そんな香川照之さんと福山雅治さんは、2010年放送の大河ドラマ「龍馬伝」以来、約9年ぶりの共演となります。

実力派のお2人のタッグがまた見られるのは、とても楽しみですね!

1月6日時点では、まだ他のキャストの発表はありません。

銀行が舞台なので、行員や左遷を命じた上司、またアラフィフの片岡の妻など、今後、続々と発表されると思いますので、楽しみに待ちましょう!

集団左遷!!(ドラマ)ロケ地

ロケ地情報は、今のところまだ確認できていません。

TBS公式サイトのエキストラ募集にもまだ掲載されていませんし、ロケなどの撮影はこれから、といった感じでしょうか。

銀行内は緑山スタジオでの撮影となりそうですが、銀行の外観などはロケになってくると思いますので、今後のエキストラ募集や目撃情報が出てくるのを要チェックですね!

集団左遷!!(ドラマ)主題歌テーマソング

テーマソングはエレファントカシマシの「俺たちの明日」です。

リリースは2007年。12年も前の曲です!

カラオケなどでいまでも歌われている曲なので

ドラマの内容とリンクして、またブレイクしそうですね!

おわりに

平成最後の日曜劇場となる「集団左遷‼」は、諦めずに頑張る人への応援歌です。

そして、理不尽な組織に対しての最大の下剋上物語となっているので、働く方々はもちろん色々な世代の人が共感できて、スカッとするドラマになりそうですね!

福山雅治さんのイケメン行員姿からも目が離せませんし、香川照之さんとの共演も楽しみです!