ドラマ関連

M愛すべき人がいてドラマはいつから?あらすじやキャスト主題歌&原作をチェック!

2020年4月期のテレビ朝日土曜ナイトドラマは、「M 愛すべき人がいて」です!

歌姫・浜崎あゆみさんの誕生に秘められた出会いと別れの物語をつづった自伝的小説「M 愛すべき人がいて」の、初ドラマ化です。

ドラマ版のキャストは、どなたになるのか、とーっても気になっちゃうところですよね。

今回は、そんな気になる「M 愛すべき人がいて」ドラマの、あらすじやキャスト、原作・主題歌について調査しました!

M 愛すべき人がいてドラマ放送開始日

4月18日(土)から放送開始。

毎週土曜 よる11:15~0:05

テレビ朝日×AbemaTV共同制作で、テレビ朝日系24局と、AbemaTVで独占配信されます!

AbemaTVビデオでは、地上波放送終了後から配信され、AbemaSPECIALチャンネルでは放送日未定となっています。

 

M 愛すべき人がいてドラマあらすじは?

1993年、本格的に芸能活動を始めるため、福岡から祖母・幸子とともに上京してきたアユ。

細々と仕事をこなす日々を送っていたそんなある日、六本木のディスコ・ベルファインで、レコード会社「A VICTORY」のカリスマプロデューサー、マックス・マサと出会います。

それまで所属していた芸能事務所を辞め、歌手デビューに向けての準備が始まります。

しかし、アユを待ち受けていたのは、マサに特別扱いされることへの嫉妬やひがみ、そしてライバルたちの壮絶な嫌がらせでした。

アユは、自分の才能を見出してくれたマサの言葉だけを信じて耐え抜き、ひたむきにレッスンに取り組むうちに、いつしか信頼感が恋心に変わっていきます。

一方、マサも、所属アーティストとしてだけではなく、一人の女性として愛するようになるのです。

女性たちのカリスマとして君臨する「平成の歌姫」の誕生に秘められた、出会いと別れの物語です!

ドラマでは、1994年に“アジア最大のディスコ”としてオープンした六本木のヴェルファーレや、ネオンが輝く渋谷のスクランブル交差点、当時流行したファッションアイテムなど、狂乱と喧騒に満ちた90年代の流行や風俗が再現されているとのこと!

さらに、劇中には90年代のヒットナンバーがふんだんに流れるので、90年代に青春を送った方々にはたまらないですね!

公式のPR動画も続々と公開されていますし、見どころ満載です!

M 愛すべき人がいてドラマキャストは?

それでは、気になるキャストの方々をチェックしていきましょう!

アユ:安斉かれんさん

幼い頃に父が蒸発して以降、福岡で母と祖母と暮らす女子高生。

本格的に芸能活動を始めるため、祖母と上京し、レコード会社「A VICTORY」の専務・マサと出会ったことで、急激に運命が動き始めます。

マサの言葉だけを信じて、ひたむきにレッスンに取り組むうちに、いつしか信頼感が恋心に変わっていきます。

のちに「平成の歌姫」と呼ばれ、楽曲だけでなく、ファッションやメイクなどすべてが注目を浴び、一大ブームを巻き起こすトップスターになります。

マサ:三浦翔平さん

レコード会社「A VICTORY」を設立、「マックス・マサ」として、日本の音楽史を塗り替える伝説を作り続ける希代のプロデューサー。

六本木の巨大ディスコでアユと出会い、人生を懸けてアユをプロデュースする決意を固めます。

厳しい課題を与えるとともに、それ以上の愛情をもって見守り続けるうちに、一人の女性としてアユを愛するようになります。

流川 翔(るかわ しょう):白濱亜嵐さん

レコード会社「A VICTORY」の社員で専務のマサ直属の部下。

若干チャラめの、明るい愛されキャラ。

マサの一番の理解者で、マサを尊敬していて、一緒に日本の音楽史を塗り替える伝説を作りたいと熱い心で仕事に励んでいる。

ガールズグループのプロデュースを任されたことで燃え上がった野心を、大浜らに利用されることに…。

姫野礼香(ひめの れいか):田中みな実さん

レコード会社「A VICTORY」の社員でマサの秘書。

決して右目の眼帯を外さない謎めいた美女で、眼帯を付ける原因となったできごとに関係しているマサに長年思いを寄せています。

ストーカー並みの執着心でマサを追いかける一方、アユに激しく嫉妬し、狂気すら感じる姑息な手段でアユへの嫌がらせを繰り返します。

大浜:高嶋政伸さん

レコード会社「A VICTORY」代表取締役社長。

粘着質で不気味な男。

マサの才能にほれ込んで、共同で「A VICTORY」を設立し、経営面を取り仕切っています。

会社が大きく成長したのはカリスマ性と才能にあふれるマサのおかげだと理解はしているものの、自分の存在を脅かされそうで認められず、あの手この手で追い出しを図ります。

 

中谷:高橋克典さん

上京したアユが所属する芸能事務所・中谷プロの社長。

アユが売れるとは思っていませんでしたが、マサがアユの才能を見出したことを知った瞬間、惜しくなり、囲い込もうとします。

アユが中谷プロに所属していながらマサに会うことを問題視する大浜らと結託して、二人の邪魔をしようしますが…。

 

幸子:市毛良枝さん

アユの祖母。

福岡からアユとともに上京します。

 

玉木理沙:久保田紗友さん

アユの友人で、歌手を目指しています。

輝楽天明:新納慎也さん

レコード会社「A VICTORY」の人気プロデューサー。

ドラマは、安斉かれんさん&三浦翔平さんのW主演です。

アユ役の安斉かれんさんは、「ポスギャル(ポストミレニアルギャル)」と呼ばれる次世代型ギャルの一人として、2019年5月歌手デビューされていて、ドラマは初主演となります。

その完璧なビジュアルから、実在しないのでは…とバーチャル疑惑まで浮上した安斉かれんさんが演じるアユは、ピッタリとハマりそうな気がして期待大です!

意外なことに、地上波ドラマでは本作が初主演となる三浦翔平さんや、

原作にはない明るくチャラい流川役の白濱亜嵐さん、

アユをいじめる狂気を秘めた礼香役の田中みな実さんなどなど、クセモノぞろいの豪華キャストです!

M 愛すべき人がいてドラマ主題歌はこれ!

主題歌は、2000年に発表された、浜崎あゆみさんの『M』(avex trax)です。

言わずと知れた名曲です!

当時、曲のタイトルの“M”は歌詞中にある“マリア”の“M”のことかと思っていたのですが、小説が発表された時に、“マサ”を想っての曲だったと知り、驚いた方も多かったのではないでしょうか!

ドラマの主題歌が『M』というのは、納得しちゃいますね。

 

M 愛すべき人がいてドラマ原作について

原作は、2019年8月に幻冬舎より発売され16万部のベストセラーとなった、小松成美さん作の『M 愛すべき人がいて』です。

浜崎あゆみさんの自伝的小説で、事実を基にしたフィクションとは言え、“あゆの暴露本なの!?”とかなり話題になりましたよね。

今作では、ドラマならではの彩りが加えられ、壮大なスケールで描かれているとのことなので、原作を読んだことがある方も、そうでない方も、期待大です!

 

おわりに

歌姫・浜崎あゆみさん誕生に秘められた出会いと別れの物語、「M 愛すべき人がいて」のドラマ放送開始まで、もう少しです。

ドラマ初主演となる安斉かれんさんの“アユ”と、三浦翔平さん演じる“マサ”の2人の恋の行方や、“アユ”が歌姫へと駆け上がる様子がどのように描かれるのか、とても楽しみです!

-ドラマ関連

Copyright© Happylife Tips: , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.